宇宙人の存在確定か…「100個の星が突然消えた」ことが判明、地球外生命体の証拠となる可能性も…

1: アングラ密報
20世紀の古い天体観測データと21世紀の新しい天体観測データを比較する研究により、わずか数十年間で100個もの星が不可解に消失していることが判明しました。自然現象による消失や誤観測の可能性もあるものの、研究者は「地球外知的生命体による何らかの活動の痕跡」という可能性も排除していないそうです。

The Vanishing and Appearing Sources during a Century of Observations Project. I. USNO Objects Missing in Modern Sky Surveys and Follow-up Observations of a “Missing Star” – IOPscience
https://iopscience.iop.org/article/10.3847/1538-3881/ab570f

Weird ‘Vanishing Stars’ Could Potentially Be Aliens, Study Claims
https://gizmodo.com/weird-vanishing-stars-could-potentially-be-aliens-st-1840486666

北欧理論物理学研究所の天体物理学者であるBeatriz Villarroel氏とスペインのカナリア天体物理研究所の研究チームは、歴史的な観測データから地球の近くでいきなり消失または出現した星を探す、「Vanishing & Appearing Sources during a Century of Observations(VASCO)」というプロジェクトを進めています。

2017年に始まったVASCOの研究チームは、「星がブラックホールに直接吸い込まれでもしない限り、星がいきなり消滅する既知の物理的プロセスはありません。もしブラックホール以外の理由で星がいきなり消滅した場合、これは未知の天体現象や高度な技術を持った文明の兆候を探る試みにとって興味深いものとなります」と主張しています。

研究チームは20世紀に収集された天体観測データ、特にアメリカ海軍天文台によって観測されたデータと、2008年から観測が開始されたパンスターズ計画によるデータを比較分析しました。観測データに記録された6億個ものオブジェクトから、研究チームは「古い観測データには記録されているのに、最新の観測データには記録されていないオブジェクト」を15万1193個も発見したとのこと。

しかし、研究チームが新たに発見された「突然消失した天体らしきもの」をさらに詳しく分析したことで、これらのほとんどがレンズの汚れや視覚的錯誤によるものであることが判明しています。それでも、およそ100個のオブジェクトに関しては簡単に説明を付けることができなかったそうで、研究チームはこれらのオブジェクトを「red transients(赤い突発天体)」と名付けました。

100個のオブジェクトは色が非常に赤い傾向にあり、観測視野全体を典型的な天体よりも大きく横切って移動するという特徴がみられました。研究チームによると、小惑星、高速で移動する星、または単に視界から消えた星という可能性は、すでに除外されているとのこと。

一般的に、光を発する大質量の恒星は最終的に白色矮星となって燃え尽きるか、超新星爆発を起こすかで消滅します。しかし、今回発見された100個の消失したオブジェクトは、記事作成時点でこれらの自然現象によって消失した痕跡が確認されていない模様。また、非常に低い可能性として、「天体がブラックホールに吸い込まれた」という説もありますが、VASCOの調査中にブラックホールに吸い込まれる星に遭遇する確率は無視できるほどに低いそうです

興味深いことに、研究チームは新たにAstronomical Journalに掲載したVASCOプロジェクトの現状報告の中で、「消失したオブジェクトが地球外知的生命体によるものである可能性」についても論じています。赤いオブジェクトの原因として、星間通信に使用される強力なレーザー光、あるいは恒星からエネルギーを取り出す「ダイソン球」の熱廃棄物という可能性を研究チームは考慮していますが、むやみに地球外知的生命体の可能性を高めることは控えるべきだとも指摘。

「今回発見された『いきなり消失したオブジェクト』が、いずれも地球外知的生命体の直接的な兆候を示していないことは明らかです。私たちは、これがやや極端であるものの天体物理学的な理由によるものだと信じています」と、論文の共著者であるカナリア天体物理学研究所のMartin Lopez Corredoira氏は述べました。

2019年12月18日 11時36分 gigazine
https://gigazine.net/news/20191218-weird-vanishing-stars-potentially-aliens/

2: アングラ密報
何それ怖い!
635: アングラ密報
>>2
科学的知見のレス無し
いいか、宇宙の70%は、検出されないダークエネルギーとかダークマターで満たされてる
それらも質量はあるから、エネルギーにも転換される
100個程度の星が消えるとか、少なすぎるわ
643: アングラ密報
>>2
いやいや、地球もいずれ無くなりますよ
961: アングラ密報
>>643
地球は星じゃないよ
3: アングラ密報
デス・スター
605: アングラ密報
>>3
それはもう既にルークが破壊した。
8: アングラ密報
あれ?俺また何かやっちゃいました?
12: アングラ密報
>>8
バックアップから戻しとけよ
618: アングラ密報
>>8
またお前かよ
これでもう100個目だぞ
18: アングラ密報
地球外生命体が人類と同時代に存在する確率ってめっちゃ低くね?
325: アングラ密報
>>18
100億年くらい前に栄えて99億年前くらいに滅びてるかもしれないしな
451: アングラ密報
>>18
だいたい真面目に考察するとこうなっちゃうんだよな
だから超古代文明が・・・とかいう設定になる
749: アングラ密報
>>18
一度恒星間航行を成功した文明は無限に発展するからそうとも言えない
803: アングラ密報
>>18
低いのは存在可能性ではなく人類と接触できる可能性やろ?
848: アングラ密報
>>803
光の速度ならな
それより早く動けるなら楽勝
量子もつれも光の速度を超越して伝わるからたぶんなんか方法がありそう
31: アングラ密報
宇宙人の惑星消滅兵器かよ

宇宙にはフリーザ一味やサイヤ人みたいな奴らがいるってことか

53: アングラ密報
教えてえらい人。

地球の今の技術で、月を木っ端微塵にすることはできるの?
また、月が無くなったら困ることってあるのかな?

70: アングラ密報
>>53
出来ない
んで月がなくなると地球の自転が不安定になって地軸がぐらぐらすることになるって聞いたような気がする
正否はしらんが
598: アングラ密報
>>70
月ってすげえな
観測すればするほど宇宙って不可思議
まるで人類の観測技術に合わせて設定を継ぎはぎしているようだ
150: アングラ密報
>>53
潮の満ち引きがなくなってなんとかんとか
57: アングラ密報
例えば、1億光年離れた星での出来事ならば、地球で見えているのは、その星の1億年前の姿だから、1億年前には高度な文明があったということだな
66: アングラ密報
宇宙規模だと数十年でも突然か
広いよなあ
84: アングラ密報
わからない謎だから面白い。ワクワクしてくる。
100: アングラ密報
宇宙は広いんだし稀に巨大な星が神隠しに合うように消失する現象があっても許容範囲だよ
突然消えることがあったっていいじゃない宇宙だもの
103: アングラ密報
>しかし、研究チームが新たに発見された「突然消失した天体らしきもの」をさらに詳しく分析したことで、
>これらのほとんどがレンズの汚れや視覚的錯誤によるものであることが判明しています。
>それでも、およそ100個のオブジェクトに関しては簡単に説明を付けることができなかったそうで
その残り100個に関しても、なんらかの人為的なナニカで錯誤してる可能性高い気がするな。
115: アングラ密報
SFの世界に
恒星をすっぽり覆って(ダイソン球)、その恒星の発する全エネルギーを利用する文明
てのがあるの
このニュースはこのSF世界のレベルの文明を検出できたかも!?
というロマンあふれるお話しってことでしょ。
137: アングラ密報
宇宙が巨大生物の脳細胞だとしたら
脳細胞が認知症になって脳細胞のいくつかが死滅したとか
142: アングラ密報
これ宇宙戦争じゃん
ガチで惑星ごと消されてる
143: アングラ密報
恒星を破壊してまわるような宇宙人がいるのは怖すぎるだろ

ゼントラーディと監察軍のような宇宙戦争でも起こっているのか?

144: アングラ密報
宇宙の支配者がごちゃごちゃ言うと消すぞ!
と言う話かな。
152: アングラ密報
消えたのが100個ということはそれは恒星だけの数だよな
ということは星系ごと消えるわけだから実際にはもっと数があるってことか
322: アングラ密報
超巨大ブラックホールに飲み込まれたんだろ。
いくら確率が低いからってあり得ないわけじゃないからな。
337: アングラ密報
恒星を食料とする巨大宇宙生物が迫っているのかもな
437: アングラ密報
絶対神はいる ただよく考えてみて欲しいのが
万が一神が地球を作ったとして 何が目的なのか
それと人間ごときに共感できるか だ
人間だって そこらへん歩いてるアリが何考えてるか
わからんだろ それと同じだ 宇宙人から見た人間なんて
まじで危険だから触れたらダメだ 何かあるのは間違いない

引用元: https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1576650497/”