轢かれたはずの人が消えた…JR中央線、自殺の名所の踏切の謎が怖過ぎる…【八王子、小金井】

1: アングラ密報
現代都市から失われゆく風景がある。社会や技術の変化により、いつのまにか消えてゆく街中のモチーフ。例えば「電話ボックス」「給水塔」あるいは昔ながらの「低層団地」などだ。

都市の怪談は、その舞台となった場所のイメージが重要だ。「夜中に灯る電話ボックス」や「古い団地の廊下」が消えるのは、それにまつわる怪談が消えていくことでもある。

「踏切」もまた、失われつつある都市風景の一つだ。安全のため、往来をスムーズにするため、踏切を廃止しての立体交差化があちこちで進んでいる。

確かに、列車が目の前をゆくのを待ち続け、しばしば事故や自殺の現場となる踏切は、都市の効率にとっては無駄な要素だ。排除しようとする気持ちもわからなくはない。

ただ、そうした危険や無駄こそが、踏切をすこぶる怪談的な風景にしていたのだが。

事故多発スポットとして名高い、二つの踏切

JR中央線は、昔から人身事故が多いことで知られている。

その中でも事故多発スポットとして有名だったのが、西八王子と武蔵小金井にある某踏切だ。

現在はどちらも姿を消しているが、実家が八王子、高校が武蔵小金井にあった私は、そこにまつわる怪談の噂もふくめて、この二つの踏切をよく覚えている。

例えば西八王子の踏切については、こんな話が伝わっている。

自殺の名所だったこの踏切で、一人の男が電車に飛び込んだ。衝撃で体がバラバラになるという悲惨な死に方だったが、なぜか頭部だけがどこにも見当たらない。

後日、それは線路脇の高校のプールにて発見された。切断された勢いで飛んできた生首が、ぷかぷかと水上に浮かんでいたのである。それからというもの、水泳中の生徒が溺れるなどの怪現象が続出したため、プールは撤去されてしまった。
だから同校には、いまだにプールが設置されないままなのだという。

1980年生まれの私が物心つく頃にはささやかれていた、八王子市民なら誰もが知るメジャーな怪談……というより都市伝説である。
もっとも、これほどの事故なら(規制のゆるい昔なら)報道されているはずだが、いくら探してもそれらしき記録は出てこない。
踏切で事故が多発していたこと、その学校にプールがないことは事実にせよ、当該エピソードは事実無根のデマに過ぎないのだろう。

「深夜になると、あそこに首のない人影がぼうっと立つ、なんて噂がありますね」

現在そこは踏切を撤去し、跨線橋がかけられたため、往時のような事故・自殺は解消されている。
私も現場を訪れてみたが、やけに長く緩やかなスロープが印象的な橋だった。手すり上部も金網ではなく、とっかかりのないボードが嵌めこまれている。「絶対に飛び込ませない」という意志を感じさせる造りだ。

現在は厳重なフェンスやボードで囲われており、線路内に立ち入ることは不可能だろう
c吉田悠軌 そこでふと、乗ってきたタクシーの運転手さんから「線路の奥をよく見てください」と声をかけられた。
薄闇に目をこらすと、線路の向こうに、かつての踏切の残骸がひっそりと佇んでいるではないか。

「深夜になると、あそこに首のない人影がぼうっと立つ、なんて噂がありますね」

なるほど、現在のロケーションに合わせて、怪談も更新されているようだ。ただしひどくおぼろげな、記憶の残像を見ているような怪談ではある。

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20200516-00037757-bunshun-soci
5/16(土) 17:00配信

2: アングラ密報
轢かれたはずの人間が消失する「開かずの踏切」

武蔵小金井駅そばの踏切もまた、人身事故が多発する場所だった。

先述通り私の高校の最寄り駅であり、通学の途中、「(事故の直後だから)今はあそこの踏切に行かない方がいい」と同級生や通行人から注意されたことが、何度もある。

もっともそこは日本有数の「開かずの踏切」だったので、自殺よりも線路内に取り残されての事故の方が多かったかもしれない。怪談の噂についても、「人魂や怪しい光が浮いている」という些細なものばかりではあった。

むしろ有名な「幽霊騒ぎ」は、この開かずの踏切が消え、高架化された後に起こった。2019年3月、運転士が「ホームから線路に飛び込んだ人を見た」として、特急あずさ33号を緊急停止させた事件だ。
ネットニュースなどで大きく扱われたため、地元民以外にも広く知られることとなった。

人身事故が起きたと思いきや、轢かれたはずの人が消えている……。こうした鉄道の「幽霊騒ぎ」は、実はあまり珍しいケースではない。日本全国であれば、報道されているだけでも数年に一度の割合で類似事件が発生している。
ただ興味深いことに、武蔵小金井駅では高架化前の2000年代半ばにも、同じ騒ぎが起きているらしいのだ。

私が2019年の「幽霊騒ぎ」について情報を集めていたところ、Kさんという人から興味深い情報をうかがった。

3: アングラ密報
2004年か2005年のことだという 。午後11時40分頃、 Kさんの乗った電車が「お客様が飛び降りたため」のアナウンスとともに、武蔵小金井駅で緊急停止。
しかしいくら捜索しても、周辺には人影一つ見当たらない 。

それだけでも奇妙だが、なんと翌日また同時刻・同駅で「線路上の人を見て電車が緊急停止したが、捜索しても無人」という事態に出くわしたというのだ。
2019年のニュースを見たKさんは、「あの時の幽霊が、また現れたのかも」と思ったらしい。

ただ、これは心霊現象ではない可能性も高い。鉄道の「幽霊騒ぎ」で消えた人物については、その後の調査や監視カメラの確認で、
「実際に生きた人間が線路上に落ちたのだが轢かれず、その後に逃げ去っていた」と判明するパターンも多い。
当時の武蔵小金井駅ならば、開かずの踏切で立ち往生した誰かが、間一髪で衝突をまぬがれ、そのまま逃げたとも考えられる。

真偽のほどはともかく、こうした出来事を人々が「幽霊騒ぎ」と見ること自体が重要なのだ。Kさんの体験もSNS時代であれば、即座に怪奇ニュースとして拡散されていただろう。

6: アングラ密報
10: アングラ密報
常識で物を考えるなとどこかの偉い人が言ってた気がするから現状は何とも言えないが最善の答えだと思う
11: アングラ密報
八王子城

怖いって、本当なの?

68: アングラ密報
>>11
史実によると八王子城は、豊臣秀吉の小田原征伐の際に攻撃を受け、籠城した人々はことごとく殺され、
辛うじて城から逃れた女性たちも敵の手に落ちて辱めに遭うことを恥じ、城の山側にある御主殿の滝と呼ばれる滝の流れへ次々と身を投げたそうです。
その恨みが今に残って奇怪な現象を引き起こしているという話だったのですが、
実際に目の前に現れた霊たちは祟り霊、悪霊と呼ぶにはあまりにも穏やか、と言いますか人間味がまったくなくてコミュニケーションも取れない、例えるなら動く人形を見ているだけの感じなのです。私は思わず首を傾げました。
「ここにいるのは厳密な意味での“霊体”ではない」、すぐにそう悟りました。
少しわかりにくいかもしれませんが、霊の実体はすでに皆、成仏しているのです。
ただこの場の地勢的な作用によるものなのか、当時の残留思念が歳月を経ても崩壊せずに残り続けており、
たまたまそれを感じ取る能力を持つ人、つまり霊感の鋭い人に霊として見えるのだということがわかったのです。
ちなみに残留思念とは、人間や動物が特定の場に残す感情や記憶の波動エネルギーのことです。
83: アングラ密報
>>11
行った事あります。
稲川淳二が心霊スポットで「カメラのシャッター降りない」ってよく言うけど、本当に起こりました。その方向のみシャッターが固くて降りないんです。オーブが舞ってる写真や画面が真っ赤になった写真も撮れましたね。
121: アングラ密報
>>11 ヤメろ。
地元の人は、絶対口にも出さない。
12: アングラ密報
東京の特に下町なんて江戸時代から100万レベルの非業の焼死者が生まれてるはずだが
その辺の幽霊は出ず1人の自殺者や1件の殺人事件で幽霊が出る
17: アングラ密報
ちびった
20: アングラ密報
跨線橋がかけられた今は、跨線橋の高いところから覗かれるおそれがあるからその学校にはプールが無いのだろうな
25: アングラ密報
開かずの踏切もあれだが田舎に行くと遮断機のない踏切も普通にあるからそっちのが怖い
28: アングラ密報
立川国立間にもあったよね
31: アングラ密報
>>28
自動車教習所の裏(お地蔵さんがある)
37: アングラ密報
>>31
間違えた、それは野沢踏切か

西五条踏切は何も知らずに通ったことがあって
昼間なのにめっちゃ気味悪くて吐き気した
もしかしていわくつきだったりしてと検索したら超有名な場所だと知ったw

74: アングラ密報
>>37
あの踏切の前に建ってるめっちゃ古いアパートが怖いw
あそこの住民は色々見たんだろうなと毎回通るたび思う
30: アングラ密報
ええ、野沢踏切か西五条踏切だろ
踏切の側にちっこい模型屋あって
学生の頃よく通ったけど
花がいつも飾ってあってビビったわ
33: アングラ密報
新快速かなんかから飛び降りた人がそのまま歩いて去っていった事件あったよな?
49: アングラ密報
>>33
JR神戸線の住吉駅ね
あの駅は度々えぐい事故で報道されたよ
最近だと朝の時間帯に女性が通過列車に引っ掛かって?轢かれて亡くなったとか
10年くらい前は酔っぱらいが線路に乗り出して吐いてたら
貨物列車にゴッツンして逝っちゃったとか
なんだろね?曰く付きの駅
48: アングラ密報
山手でも飛び込んだ女性が消えたり線路にうずくまっていた子供が消えたりした。しかも運転士だけじゃなく乗客も目撃していた。
61: アングラ密報
電車に飛び込んでくる人たちのほとんどが
ビックリした顔のまま
運転手と目が合うらしい
92: アングラ密報
>>61
笑顔の人もいるらしい
77: アングラ密報
中央線のその手の踏切は国立と立川の間にあった
野踏切沢と西五条踏切しか知らねえな

稲淳の怪談にある「魔界の踏切」ってのはこのどちらかだと思うが
人身が多発して当時は有名だったとか

80: アングラ密報
>>77
ちなみにいなじゅんの話は西五条
でも野沢にも取材来てた
淳二は立川出身だしね
89: アングラ密報
おれは西五条踏切の隣のアパートの前に
あった自動販売機でジュースを買って
飲んだら、腹を下して寝込んだわ。
あの辺、夏の夕方に通りかかっても
なんかゾクッとしたな。
99: アングラ密報
>>1
マジレスすると、人身事故で学校のプールに飛ぶことはまずない。
考えられるのは車体下に挟まったままその場で発見されずに場合。
全検で車体を持ち上げて細かくばらした時に骨が出て来ることは時々ある。
167: アングラ密報
関東在住なんだが
初めて新快速に乗った時に通過する駅を見ながらその事を思い出し
改めて凄さがわかった

引用元: https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1589628554/”