閉鎖病棟に入院してた女だけど質問ある?

1: アングラ密報
地獄だった・・・・

2: アングラ密報
>>1
留置場のスレの次はここ?
寝るんじゃなかったの?
関連記事

ODとは https://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%82%AA%E3%83%BC%E3%83%90%E3%83%BC%E3%83%89%E3%83%BC%E3%82%B9#:~:text=%E3%82%AA%[…]

5: アングラ密報
>>2
寝ようと思ったけど入院の話も書きたい

精神病院入院になった。そこの病院は解放病棟と閉鎖病棟があった
なぜか診察の時、閉鎖病とに入院ということになった。
私が犯罪を犯したからなのか。できれば解放病棟がいいという
期待もむなしく閉鎖病棟の書類にサインした。
「自分の意志で入院するということに同意します」みたいな文句で
嫌な予感がした。まあサインしたけど

25: アングラ密報
>>5
私逮捕されてなくて10回くらい入院したけど全部閉鎖よ
保護室も3回くらいかな?
32: アングラ密報
帰ってきた。
>>25
10回も閉鎖ってなにしたの?保護室は入ったことないわ

1日目の就寝の時間のことだけど。夜の十時かな自動的に次々電気が消えていき
部屋で横になった。私は何となく寝れなかった。ごろごろしてると
キーっとドアが開いた。隣の変なおっさんだった。
私はぎょっとして起き上がった。おっさんは扉を閉めた。
5分くらいしてまたきっーとドアが開いた。またおっさんだった。
私は「やめてください!」って怒鳴るとおっさんは「すいませーん」
と言ってドアを閉めた。気持ち悪い。でもその夜はもうおっさんは来なかった。

37: アングラ密報
>>32
自殺
7: アングラ密報
>>4
そのスレからは消えたんや・・

私の病状は発達障害と統合失調と欝。
エレベーターで看護師に付き添われて4階に上がった
ガラスのパス付の扉で頑丈そう。
広間にはテーブルがたくさん並んで男女入り混じってた
この病院は男女で分けてないみたいだった
部屋に案内された。1人用の部屋でベットとタンスがあった

6: アングラ密報
犯罪なによ
8: アングラ密報
>>6
銃刀法違反で不起訴。包丁ね。留置所から閉鎖病棟

男の看護師が明るく自己紹介して「タンスに荷物しまってね。
コード類はは預かるよ」ってスマホの充電コード奪われた
自殺予防ということで長いひも状のものや刃物を持ってないかチェックされる。
「うおー」と言って変なおっさんが部屋に入ってきた
「○○さんだめですよ」となれた調子で男の看護師が
そのおっさんを部屋から追い出してくれた。
「勝手に入ってきたら僕にいってね!」と言われた。
その部屋は男女分けてある寝室のちょうど境目で真ん中らしかった

10: アングラ密報
統合失調症て一生治らないでしょ
12: アングラ密報
>>10
治らないの?まじか・・

なんとその変なおっさんと部屋が隣!最悪やんと思った
留置所から比べれば閉鎖病棟も優しい世界に見えた。
4階を歩き回るのは自由だからるきまわった。
意外とみんな普通の人。でもやっぱ数人マジ物っぽい人がいた。
真ん中の食堂にはテーブルがたくさん並んでて水とかお湯とか設置してあった。
テレビもあって雑誌や新聞本も置いてあった。
リモコンもって走り回ってる細身の男がいて怖かった。

13: アングラ密報
てか看護士がみんな男ばっかりなの。女の看護師1人しかいない。
部屋かえって寝ようかと思うけどその変な気持ち悪いおっさんがドア付近で出たり入ったりする
看護師が注意していなくなった。ご飯の時間になった。
留置所と比べて温かいご飯が出てきてうれしかった。
でもおかずが少なくてご飯がなんか多い。やわらかめの白いご飯
男子と女子でテーブル分かれてる。席について見渡すと
高齢者が多いことに気づいた。7割くらいおじいちゃんおばあちゃんばっかり
老人ホームかよと思った
14: アングラ密報
ご飯食べてるときに変な女がいることに気づいた。
「どうやって食べるの?食べられない」と赤ちゃん言葉の女。
看護師の男と何やら和やかに言い合いしてご飯を食べさせてもらってた。
その女はいつも「食べ方がわからない」といってご飯の時に駄々をこねる。
食事も普通職じゃなくて刻んだおかずとおかゆだった。
「ねえ○○はできると思う?」とかわけのわからないことをいう人
16: アングラ密報
食事は普通食が基本みたいだけど高齢者も多いから
ご飯だけおかゆでおかずは普通とか。おかずも刻みでご飯もおかゆとか
人によって細かく分けてるみたいだった。おかずも人によって違ったり。
ご飯は大盛にもできる並み、小もある
味はなかなかおいしかった。でもおかずの量少ないのが不満だった
お肉や魚はガッツリって感じじゃない。刺身が出たときはちょっと感動した
17: アングラ密報
てかほんとに高齢者が多くて老人ホーム化してたよ。
特におばあさんが多くて車いすの人とかおむつの人とかが結構いた。
下の売店で物を買うことができる。爪切りとか文房具とか
お菓子やアイス、お弁当なんかも売ってる。
院内外出許可、外出許可が下りてる人は1人で自由に行けるけど
下りてない人は看護師同伴が基本
18: アングラ密報
私はとにかく暇で落ち着きなく歩き回ってた。
この時飲んでたのが前の医者の処方の
ドーパミンが少なくなる薬だったらしくて
ドーパミンのせいで落ち着きなかったらしい。
3日後脱走騒動を起こす
19: アングラ密報
私はとにかく家に帰ってパソコンをしたかった。
今持ってるスマホは機種の関係でネットにつながらなかったから。
この病院は閉鎖だけどネットは各自でやる分には構わないということだった。
私は財布と家の鍵を持って「売店で買い物がしたい」と看護師にいって
下の階まで来た。玄関の入り口まで走ったら即座に捕まり
応援を呼ばれ4階の閉鎖病棟に連れ戻された
20: アングラ密報
続けてくれ
26: アングラ密報
おれは閉鎖に保護入院で50日入れられた。鬱で自殺未遂繰り返したから保護入院。
毎日朝昼晩合わせて抗鬱剤や睡眠薬を15錠くらい飲んでた。退院してからデパスや眠剤を乱用して辞めるのに3年くらいかかった。
あれから15年くらい経つけど鬱は治らない、病院には通ってないし薬も何年も飲んでない。
1つの職場で長く働けず転職を繰り返して苦しんでる。鬱で根暗でもまったり働ける職場が欲しい。
34: アングラ密報
>>26
薬飲まないで平気なの?欝はつらいね

脱走の続きね。つかまって看護師たちに取り押さえられて
腕をきつくつかまれたまま4階へ・・・
「大変なことしてくれたね。先生に相談するから」
って言われてガクブル。保護室?拘束?
担当医のところに連れていかれた。その先生はモグラみたいなルックス
私は家に帰りたい。ネットがしたいパソコンがしたいと正直に打ち明けた
そしたら「わかった!僕も一緒なら外出許可を出しましょう」
え・・・一緒?

33: アングラ密報
2日目また夜におっさんが来た。このおっさんは服もよれよれでちゃんと来てなくて
知恵遅れみたいな身振り手振り話し方をする。隣の部屋だから最悪。
水の入ったペットボトルを思いっきり投げつけてやったらその日以来来なくなった
でも後日違う女の患者の部屋に入ったらしくて看護師に厳しく詰問されてた
35: アングラ密報
先生付きで家に帰ってパソコン取りに行くのを許された。
この先生はなんか親切で優しくていい人。
電車で乗って家まで歩いた。「ここに住んでるの~」
「かわいい熊さんだね」とか私が買いだめしてる調味料をすごいねと褒めてくれた
パソコン持って病院に一緒に帰った
36: アングラ密報
ネット出来るようにWi-Fiを頼んだ。届くのは3日後

まあ入院生活って詰まんない。テレビや雑誌漫画なんかはある
あと塗り絵とか折り紙で工作したりとかするのもあるみたい
私はやらなかったけど。ゲームや携帯も持ち込んでいい。パソコンも。
閉鎖のわりにずいぶん融通が利くなと思った。
自分で本を持ってきたり競馬予想をしてる人もいたね。
テレビは男子のところと合わせて2台しかないからまあ気軽には見られないよね
気を使うし

38: アングラ密報
風呂と洗濯の話をしたい。

風呂は中くらいの浴場があってシャワーが4本ほどついてる。
男子の寝室近くにはシャワー4つだけついてる個室みたいなシャワールームがある。
浴場は時間がかかるのでシャワー室が人気だった。
洗濯は別料金を払えばやってもらえる。嫌な人は売店でコインランドリーカードを買って
自分で洗濯機を回す。

39: アングラ密報
5日目くらいかな。薬を変えてもらったんだけど吐き気と気分が超悪い。
ほとんど寝込む。ご飯の時間も行きたくない。おばさんみたいな男の看護師が
「ご飯食べなさい!」ておこしに来たからご飯食べに行ったんだけど
半分も食べられない。10日目くらいでちょっとましになってきたけど
耐えられなくてリフレックスって薬に変えてもらった。
吐き気もむかつきもなし!ドーパミンやアドレナリンを出す薬みたい。
そわそわ落ち着きなかったのがウソみたいに落ち着くようになった
40: アングラ密報
発達障害のための勉強会みたいなのに出ることになった。
いっても私合わせて3人の患者と先生1人と看護師1人。話し合ったり
発達障害がどんなものかとか。まあショボい勉強会だよ。
発達障害についてはまだ研究も浅く医者も手探りという状態らしい
41: アングラ密報
まあやっぱ普通に見えて変な人も多かった。
1人は痴呆でボケてるおばあちゃん。白髪で小柄でかわいらしい顔してる。
ある日の夕飯時。いつもみたいな食べてるとそのおばあちゃんと50くらいな活発黒髪のショートのおバン。
なんか醤油かソースのことでけんかになったらしい。何やら言い争って
そのおばあちゃんは負けて泣きながらご飯も食べずに部屋こもってた
何をそんな言い争うことがあったのか。かわいそうに
46: アングラ密報
閉鎖じゃないね

引用元: https://hayabusa9.5ch.net/test/read.cgi/news4viptasu/1497291863/”