オカルト無し【記憶削除薬】が開発される…脳のスイッチをオフにして「記憶を削除する薬」

1: アングラ密報
→脳細胞の活動をオフにする記憶削除薬が開発される
→記憶削除薬はオフスイッチとトリガーから構成される
→作業記憶にかかわる脳細胞をオフにすると直前の記憶が失われる

記憶を何度でも安全に消去できる即効性のある薬、DCZ(デスクロロクロザピン)が開発されました。

この薬を投与されたサルは僅か10秒ほどで記憶が失われ、目の前で箱に隠されたエサの行方がわからなくなってしまいました。

またこの記憶消去薬は、サルの作業記憶を司る神経細胞の活動をオフにすることによって効果を発揮します。

にもかかわらず、安全性が極めて高く、効き目も24時間で完全に消えることから、繰り返しの使用が可能。サルから何度でも同じ内容の記憶を奪えました。

この完全にクリーンな記憶削除薬が推理小説の世界に導入された場合、全ての人間の証言から信ぴょう性が失われ、名探偵を悩ますことになるでしょう。
https://nazology.net/wp-content/uploads/2020/07/6b0c542b9c5c6ea1b50aeb51a1096457.png

no title

■記憶消去には事前の「オフスイッチ」の仕込みが必要

新たに開発された記憶消去薬を作用させるには、事前にペアとなる別の薬が必要となります。

この相方となる薬は化学的に合成された小分子化合物であり、DNAが作る特定のタンパク質を変質させて「hM4Di」と呼ばれる特殊な人工受容体(デザイナー受容体:DREADD)を神経細胞の表面に出現させます。

この人工受容体が出現した神経細胞にDCZが結合すると、その神経細胞は活動が強制的にオフになります。

人工受容体とDCZの関係は「オフスイッチ(人工受容体)」と「トリガー(DCZ)」の関係に例えることもできるでしょう。

https://nazology.net/wp-content/uploads/2020/07/039511627f35d6100cc3033abcc513c0.png

no title

続きはソースで

https://nazology.net/archives/64866

2: アングラ密報
なにそれこわ
422: アングラ密報
>>2
いろんな悪いことに使えるね
3: アングラ密報
そんな薬なくても忘れてるよ 全て
4: アングラ密報
うそくせえ
5: アングラ密報
ネトウヨに必要
861: アングラ密報
>>5
分かる
全ネトウヨに飲ませたいわ
6: アングラ密報
えっそれは怖い、後天的に鬱になった人とかにはいいのかな?
189: アングラ密報
>>6
あとPTSDとかには良さそうだね
586: アングラ密報
>>189
記憶を選んで消せるならばね…
7: アングラ密報
心配するな
高齢化で記憶は消える
めしはまだかいの~
472: アングラ密報
>>7
おじいちゃん、さっき私がたべたでしょ
8: アングラ密報
嘘だろw

黒歴史消したいやつ歓喜じゃんw

46: アングラ密報
>>8
記憶が消えても歴史は消えないからな
19: アングラ密報
犯罪に使われそう
21: アングラ密報
安全性が極めて高く

ふーん

33: アングラ密報
悪いことにしか使い道がないんですが
41: アングラ密報
トラウマは消すのでなく
上書きして曖昧にする
イヌにかまれたなら
かまないイヌと触れ合う
67: アングラ密報
消したい部分だけ消去可能ならいいけど。
全消去の場合、気付いたら留置所なんてことないよな。あーでも薬のせいにすればいいのか
68: アングラ密報
自分の記憶が消えても誰かの記憶にある
72: アングラ密報
そんな薬使わんでも一晩寝ればたいていのことは忘れてるw
81: アングラ密報
まさに、まさにですよ、脳のスイッチがですね、いわばオフになった状態であると申し上げているわけで、あります
84: アングラ密報
ははーん、安倍はこれか
130: アングラ密報
記憶を消してもう一回やりたいゲームが沢山あるからわりとマジで欲しい
157: アングラ密報
副作用が超絶にヤバそう
166: アングラ密報
映画一本で死ぬまで楽しめるやん
197: アングラ密報
開発者が試し飲みして開発したことを忘れちゃう茶番はよ
235: アングラ密報
怖すぎる。間違って必要な記憶を消しそう。
264: アングラ密報
悪用さえされなければいい薬だね
辛い記憶のせいでトラウマが解消しないケースもあるし
287: アングラ密報
逆にサクサク記憶する薬が欲しいんだが…??
295: アングラ密報
>>1
この話↓を思い出した。
■『明日へのワープ』  – 世にも奇妙な物語|世にも奇妙な物語 ’18春の特別編

映画監督を夢見る青年・小林峰雄(三浦春馬)は、バイトしながら
自主制作映画を作り続けて早10年、全く芽が出ないまま。

同級生たちが皆まともな職に就き、家族を作り、大人になっていく中、
惨めな思いをすること必至の友人の結婚式に招待されてしまいます。
かつて一緒に夢見ていた女優志望の恋人・須藤由紀(佐久間由衣)からも
愛想を尽かされそうな状況で、焦燥が憔悴となり、追い込まれていく峰雄。

眠れぬ日々が続くある日、心療内科で精神科医・宇堂公康(相島一之)から
謎の薬“アイリウム”を処方されます。

“アイリウム”とは、1錠服用した途端24時間分の記憶が完全に無くなり、
まるで24時間後の未来にワープしたかのような感覚になれる薬。
つまり嫌な思いをする出来事の前に飲んでおけば、その事を体験しなかったかのように
記憶から消し去ることができてしまいます。

記憶を薬でコントロールできるようになった時、果たしてその人生は思い通りになっていくのか…。
謎の薬“アイリウム”にわずかな希望を託す峰雄ですが…。
https://www.fujitv.co.jp/kimyo/2018051201-2018051204.html

316: アングラ密報
>>295
ていうかよりによって主演三浦春馬かよ…
814: アングラ密報
>>295
三浦春馬が死なない時間線が何処かにあるのか
818: アングラ密報
>>814
なんで死んじゃったんだろう
正直ショックがじわじわ増してるわ
311: アングラ密報
子供の時の虐待された記憶を消したい
318: アングラ密報
ストゼロあれば十分だろ
335: アングラ密報
物盗んだり、暴力振ったあとに使うと相手は覚えてないのか

これ絶対禁止されるわ

342: アングラ密報
耐性というものがある
ようするに体が慣れるからそう簡単な話じゃない
348: アングラ密報
>>342
2、3回使えるだけでもヤバい
351: アングラ密報
よく数秒前に置いたスマホやリモコンの位置を忘れるんだがこれのせいか
370: アングラ密報
死刑執行人に飲ませてあげたらどうだろうか。
377: アングラ密報
世にも奇妙な物語でこれあったよな
379: アングラ密報
これメチャやばい薬だよね
例えば入試とか採用試験とかでライバルに盛るとかするバカが出てきそう
385: アングラ密報
悪意しか感じられん薬だな
老化や病気で脳の認知機能が弱くなるのに
普通は逆の薬だろ?開発するのはさ
417: アングラ密報
消すのはいらんな。外部記憶装置を接続可能にしてくれ

引用元: https://asahi.5ch.net/test/read.cgi/newsplus/1595154535/”