CATEGORY

オカルト

科学では証明できない不可解な話、出来事まとめ

  • 2020年7月13日

角砂糖一つで2トン…磁力は2兆倍…実際に存在する宇宙の天体ランキングBEST28

1: アングラ密報 第28位.金星 同じ太陽系の兄弟として身近な存在である金星だがその環境は意外にも過酷 太陽からの距離は水星よりも大分離れているにも関わらず、その平均気温は水星を大きく凌ぐ460度!温室効果ガスの力の凄さを感じますね~! また、空には人体に対して極めて有害な硫酸の雲がある。この雲からは硫酸の雨が降るが不幸中の幸いが地表に達する前に雨は蒸発する 生存者→1億2400万人 ※日本人全 […]

  • 2020年7月8日

轢かれたはずの人が消えた…JR中央線、自殺の名所の踏切の謎が怖過ぎる…【八王子、小金井】

1: アングラ密報 現代都市から失われゆく風景がある。社会や技術の変化により、いつのまにか消えてゆく街中のモチーフ。例えば「電話ボックス」「給水塔」あるいは昔ながらの「低層団地」などだ。 都市の怪談は、その舞台となった場所のイメージが重要だ。「夜中に灯る電話ボックス」や「古い団地の廊下」が消えるのは、それにまつわる怪談が消えていくことでもある。 「踏切」もまた、失われつつある都市風景の一つだ。安全 […]

  • 2020年7月6日

2日未明の「火球」 隕石として千葉県内に落下の可能性!拾えば一攫千金か!?

1: アングラ密報 https://www3.nhk.or.jp/news/html/20200703/k10012495101000.html?utm_int=news-new_contents_list-items_001 2日未明の「火球」 隕石として千葉県内に落下の可能性 2日未明、小惑星のかけらなどが地球に落下して強く光る「火球」が、関東の上空など広い範囲で目撃されましたが、その後の解析 […]

  • 2020年7月3日

宮城県上空UFO疑惑の謎の【白い球体】 結論がでた模様!

1: アングラ密報 2020/07/03(金) 09:26:54.99 宮城県内の上空で6月、白い球状の物体の目撃情報が相次いだ問題について、県は一連の経緯を内部文書にまとめた。高度3000メートル以上を浮遊し、白色の気球状の物体に十字形の部品、2基のプロペラがあったと分析。太平洋上に向かった推定の飛行経路も記されたが、「所有者・目的などは不明」と結論づけた。 内部文書によると、県は6月17日午前 […]

  • 2020年7月2日

隕石か…関東上空でめちゃデカイ火球(流れ星)が流れる…!轟音響かせ消滅【画像】

1: アングラ密報 2020/07/02(木) 05:20:40.22  2日午前2時32分ごろ、関東上空に極めて大きな流れ星(火球)が流れた。数分後には爆発音も聞こえたといい、火球が破裂した際の音が地上まで届いた可能性がある。火球の音が聞こえた例は極めて珍しい。 星空アーティストのKAGAYAさんによると、流れ星は西から東の空へ飛び、数分後に室内でも聞こえる大きな音が聞こえたという。KAGAYA […]